使い勝手のよいキッチンデザインのアイデア

対面型キッチンの長所と短所

現在一番流行っているキッチンの形式は、おそらく対面式のオープンキッチンでしょう。
この形式には、料理をする人が他の家族とコミュニケーションをいつでも取れるというメリットがあります。
子供が小さい場合、ダイニング(あるいはリビング・ダイニング)で遊ばせておいて様子を確認しながら料理をすることが可能です。また友達が遊びに来たときにも、ダイニングにいる相手と会話を交わしながら料理などおもてなしの準備ができるので、せっかくのお客をひとりぼっちにする心配もありません。
しかし、この一見便利な対面式キッチンにも問題点があります。ゲストをもてなしながら料理ができるという便利さも、ゲストから調理中のキッチンが丸見え、という欠点につながります。せっかくの料理が上手にできても、汚れた調理道具が流しにいっぱいに積まれているのが丸見えなら、少々気まずい思いをしなければなりません。

キッチンの形式について

使いやすいキッチンの形は家族の人数、キッチンに充てることのできるスペース、家族のライフスタイルによってずいぶん変わります。
仕事上の付き合いのある相手など改まったお客が多い家では、キッチンを一室に独立させたクローズドスタイルのキッチンの方がよいでしょう。そうでない場合にはキッチンとダイニングをひとつにまとめたオープンスタイルにして、皆でワイワイガヤガヤ言いながら料理、というのも楽しいかもしれません。
キッチンユニットの形にも、I字型・L字型・二列型などさまざまなパターンがあります。料理をする人が常にひとりに限られる家庭なら狭く一般的なI字型の配置で構いませんが、複数の家族が互いに手分けをして食事の準備をする家庭なら、スペースに余裕があるのなら、ゆったりしたL字型や二列型の配置を採用すべきです。